ブログトップ

丁字路日記

hilahan2.exblog.jp

福島県須賀川市の平半染工株式会社・専務のブログ

 昨夜、こないだのブログで書いた通り、どうしても「オブリビオン」が見たかったので、福島のワーナーまで行ってきました。

 PM6:45~PM:9:00の上映で、月曜日ということもあり、なんと最新作にもかかわらず、400席のスクリーン1で、小生の他に男性二人しかいませんでした。彼らは、後方の席にすでに座っており、小生はいつものように、前寄り(前から6番目)に座ったので、まさに巨大プライベートシアター感が満載だったわけですよ(嬉)

 都会では無理だろうなぁ~(しみじみ) 

 時としてこういう状況に出くわすと、小生の一番のお気に入りの名作「レオン」に出てくるシーンで、レオンがトレーニングの合間に映画館に繰り出し、ジーンケリー「雨に唄えば」を前の方でにっこりしながら観ていて、振り返るとほかに観客は後ろの方に一人しかいないというシーンを思い出してしまいます。

 話はそれてしまいましたが、この「オブリビオン」は結果的に、展開が予想できなかったという点ですごく面白い作品でした。

 トムクルーズが演じる主人公ジャック・ハーパーは、宇宙人に滅ぼされた地球を一人でパトロールする役で、
ナビゲーター役のビクトリアともう少しで、木星の衛星「タイタン」に移住できることを夢見ているのですが、ある日、宇宙船が墜落して、その宇宙船の中の生存者の中に、記憶の片隅に残っていて何度も夢に出てきた元恋人っぽいジュリアを見つけてしまうところから、歯車が狂いだし驚愕の真実が明らかになっていく・・・っていうようなストーリー。このジュリア役のオルガ・キュリエンコですが、「007慰みの報酬」では、肌を浅黒く焼いていたので、エキゾチック感が出ていたボンドガール役でしたが、今回はもともとウクライナ出身ということもあり透明感のある白肌で、とても同じ女優とは思えないほどです。やっぱり小生は白い方が大好きだな(笑)
 ネタバレするのであまり詳しくは言えませんが、モーガン・フリーマンは言わずもがな、ソーセージについてくる粒マスタードのように「間違いない」っていう重厚感の役回りでした。

 今まで数々の宇宙人ものを観てきましたが、今回は予測できない脚本で、さすが、いろんな優秀な脚本家がまだまだいるもんだなと感心しきり。。。

 ★四つ半ぐらいの逸品です。

 さて、本作品上映前の新作映画予告で、ウィル・スミス母娘主演の「アフターアース」、ブルース・ウィリス主演の「GIジョー・バック2リベンジ」、ヒュー・ジャックマン主演、日本が舞台の「ウルヴァリン・サムライ」などが予告していました。

 一番気になったのは「アフターアース」かな。これも未来の話で、展開が読めなさそう(楽)

 それにしても、福島の夜は、週末の六魂祭の後だっただけに、まさにあとの祭りという言葉がぴったりの静けさでした。。。
 
[PR]
# by hilahan | 2013-06-05 01:06
 日曜日に郡山の西部第二体育館で剣道全国大会の福島県予選が行われました。

 我々振武館の中学生は2チーム出場したのですが、残念ながら両チームともリーグを抜け出せず、全国大会の出場を逃してしまいました。今年から小学生10チームから8チームへ、中学生は10チームから6チームに減らされてしまった影響もあり、また、同じリーグに今大会優勝した富岡少年剣道団が同居したこともあり、直接対決で0-2で敗退してしまいました。つまりリーグ2位で全国大会の切符をつかみ損ねてしまったのです(涙)
 
 
e0319903_23471055.jpg


 しかしながら、中学三年生は11月の地元開催の松明あかし旗剣道大会まであるので、この敗北に奮起して有終の美を飾ってくれることを切に望みます。

 一方で小学生は見事全勝でリーグを突破し、大会も準優勝を飾ることができた。去年の小学生チームはなかなか勝てなかった時期が長かったのだが、今年は徐々に力をつけてきて、決して飛びぬけて強い選手はいないものの、みんなで繋いで勝利をもぎ取る振武館らしいチームになってきたと思います。

 
e0319903_23381460.jpg


 というわけで、久々の祝勝会(準優勝ではありますが)を「だんまや水産」でとり行い、指導部と父母の会とで美味しいお酒を飲むことが出来ました。小生は中学生の監督であるがゆえに、祝勝会というより反省会という心構えで挑み、そのあとも、日曜の夜だというのに、知己先生と風真パパと「梟」でテッペンまで熱い剣道談義を交わしましたとさ。


 で、先ほど、サッカーの日本代表の試合を手に汗握って観てたわけですが、

「W杯出場権獲得おめでとう!」

 今月ブラジルで開催のコンフェデ杯ではブラジル・イタリア・メキシコと同組ということなので、せめてメキシコぐらいには勝ってほしい。欲を言えば、2位抜けしてスペインとの対戦も見てみたい。オリンピックではU-23日本代表が、U-23スペイン代表に勝ってしまったので、本気のスペインA代表を見られるはず。コテンパンにやられる日本代表だけは見たくないなりよ。

 最後に、PKを決めた本田を見て思ったのですが、スポーツでも武道でも「最後まで諦めない姿勢」、「俺に任せろというリーダーシップ」、そして「絶対に勝つという不屈の魂を前面に出すこと」は小生自身、見習いたいし、うちの団員の子もぜひ見習ってほしいね(感)
[PR]
# by hilahan | 2013-06-05 00:05
 8:00、昨夜の餃子のゲップでいささか気分の悪い目覚め(鬱)
 
 
 9:00、全染研の役員会の開催。「11月の秋期研修会」や「来年の大阪総会」や「広報誌染彩」の議題を審議し、来年発売される「全染研カラーⅣ」の掲載色をみんなで慎重に再検討しました。
e0319903_22345146.jpg


 お昼はみんなで定食屋にGO!小生は塩さば定食をいただきました。シンプルで美味しかったぜ(Good)

 その後、帰る人、工場見学に行く人、観光する人とに分かれ、小生は、山ちゃん、亀ちゃんと共に、大政奉還の行われた二条城へ観光に向かいました。

 歩くたびにきゅっきゅ、きゅっきゅと鶯が鳴いているように聞こえる鴬張りの廊下を楽しみながら、天井や襖や壁の豪華絢爛の絵に圧倒された二の丸御殿
e0319903_2239234.jpg


 こんなところでバーベキューしたいって思わせた二の丸庭園
e0319903_22483950.jpg


 こんなところでビールを飲みたいって思わせた本丸御殿
e0319903_22492639.jpg


 こんなところでジンリッキーを飲みたいって思わせた香雲亭
e0319903_22513255.jpg


 そして、この日の京都は30度を超える真夏日、ビールは飲めないので、園内のお茶屋で京都らしくお茶を頂戴いたしました。菓子付きで700円でした。意外と!?美味しゅうございました。
e0319903_22563727.jpg


 3時過ぎの帰りの新幹線でも、ビリケン&マッケンローとちょっとバーを開き、それでも飽き足らず、東京駅の居酒屋で8時まで飲んで、終電の1本前の新幹線で帰路につきましたとさ。

 ああ~ 疲れたけど楽しかった(快)
[PR]
# by hilahan | 2013-05-31 23:01
 先週末、全国の染物工場の組合である「全国青年印染経営研究会」、略して「全染研」の役員会出席のため、会長のお膝元、いざ京都へ→

 朝いちの新幹線で出発、東京で待ち合わせの山梨のビリケンこと山ちゃんと新潟のマッケンローこと長澤君と合流し、京都までバー新幹線状態でした(ビール2・3本)うぃ~ 二人の写真がなくて残念!

 京都駅のレストランにて全染研の企画委員会のメンバー10人と昼食。その後、今年の11月に秋期研修会を開催する瀧尾神社を下見し、京都産業会館の会議室で5時まで会議でした。

 で、いよいよ懇親会です。秋期研修会の下見ということで、安めの居酒屋さんでした。

 その後、みんなで夜の京都を散策。。。
 
 賀茂川沿いの恋人たち
e0319903_223569.jpg


 値段も敷居も高そうな祇園の街並み
e0319903_2262375.jpg


 祇園付近の小川の欄干にて
e0319903_22746.jpg


 小生がでっち時代を過ごした岐阜の染物修行先で苦楽を共にした、鹿児島の亀ちゃん、山ちゃんと「DOORS」という店の中に日本庭園があるバーにて、テッペンまでジンリッキーを嗜みながらの昔話
e0319903_22123876.jpg


 最後に会長がやってきて、〆のラーメンということで体に良くないと知りつつも、冷やし中華と餃子と回鍋肉を平らげてしまいましたとさ(猛省)
e0319903_22142934.jpg

[PR]
# by hilahan | 2013-05-31 22:20
 本日はぜひ紹介したい名作を鑑賞しました。

3、4年に1度は観ているのですが、「海辺の家」という映画です。

 設計会社をくびになった末期がんの主人公(ケビン・クライン)が、海辺の崖の上の汚いガレージに住んでいます。10年前に別れた妻(クリスティン・トーマス・スコット)との間に息子(アナキン・スカイウォーカーになる前のヘイデン・クリステンセン)がいるのですが、それがマリリン・マンソンに酔いしれるパンク少年風の不良息子でして、父は息子を更生させようとして、残された時間を昔から計画していた家を息子と一緒に建てることを決意します。この「海辺の家」の原題は「Life as a House」つまり“(住んでいる)家のような人生”であり、初めはボロガレージのようなすさんだ生活から、次第に家族ぐるみで素晴らしい家を建てることで、父子の絆を取り戻していくというようなストーリーです。

 この映画を観てから、小生も理想の家のことを考えるようになり、将来は暖炉のあるリビングでお酒を飲めるような家を建てたいと思うようになりました。とにかく、人の一生はいつ終焉を迎えるかわからないわけだし、人生の期限を突き付けられた時の覚悟とか、現実と真剣に向き合う真摯さを見せつけられ、いろいろと考えさせてくれる作品です。何度観ても感動・共感できる映画で、マイベスト5の珠玉の1本ですので、★はつけられません。

 もう1本観たのは、「幸せのキセキ」っていう準新作の作品です。

 原題は「We bought a Zoo」  そのまんま“私たちは動物園を買いました”って言うタイトルです。妻を亡くした夫(マット・デイモン)が反抗期の息子とまだ幼い可愛い娘を連れて、閉園した動物園を買うことになります。そこでボランティアの飼育スタッフの女性(スカーレット・ヨハンソン)たちと力を合わせて動物園をオープンさせるために奔走します。やっぱりこれも偶然ですが父子の絆を回復させるテーマも含んでます。マッチョでないマット・デイモンとセクシーでないスカーレット・ヨハンソンの組み合わせが新鮮で、お互いの新たな魅力が出ていると思います。また、ダコタ・ファニングの妹のエル・ファニングも出ていて、これも「スーパーエイト」の役とは違うキャラクターで新鮮だったな。
ファニング姉妹は才能あるというか、やらしい話、稼ぎますなぁ(羨)

 感動して2回観ちゃったので「★いつつです」

 自分以外の人生を垣間見れる映画ってホントいいもんですね。

 「さよならっ!さよならっ!さよならっ!」
[PR]
# by hilahan | 2013-05-19 19:41